空調用スリーブで起こりやすいサイズ選定のミス

因幡電工

今回は、因幡電工から出ているエアコン配管副部材についてです。

空調業界の大きな割合を占める、因幡電工の商品の中で、購入する際に、購入者が間違えやすい商品があったので、注意喚起のために紹介したいと思います。

エアコン配管副部材ってなに?

主にエアコンなどの配管に補助的に用いられる部材のことですね。

今回は、その中でも、スリーブについて触れていきたいと思います。

因幡電工のスリーブって何があるの??

因幡電工の商品には、FPW(ツバ付貫通スリーブ)FP(貫通スリーブ)があります。

この2種類は、空調業者ならとても馴染みのある商品だと思います。

他にも色々バリエーションはありますが、また違う機会に紹介したいと思います。

FPW(ツバ付貫通スリーブ)の仕様

色はアイボリーで、スリーブの切断が簡単にできるカットラインがついています。

カットラインは、目盛付きなので、カットする長さが一目で分かります。(1cm)

WC(ウォールキャップ)UWC(薄型ウォールキャップ)を取り付けることができます。

FP(貫通スリーブ)の仕様

FPWとの違いは、頭の部分にツバがついているか、いないかの違いですね。

FPWと同様に、WC(ウォールキャップ)とUWC(薄型ウォールキャップ)を取り付けることができます。

品番とコアドリル径が違っている!!

上記で説明したスリーブの品番と、コアドリル径を下記の表で、比較してみてください。

FPW(ツバ付貫通スリーブ)のサイズ’

型番コアドリル径
FPW-6065
FPW-6570
FPW-7075

FP(貫通スリーブ)のサイズ

型番コアドリル径
FP-60N65
FP-65N70
FP-75N80

確認してもらえるとわかりますが、品番の数字とコアドリル径が合っていないので、貫通穴を65で開けたので、貫通スリーブを65の型番のものを用意すると合いません。

よく他のメーカーさんの商品でも、こういったズレがよく見られます。何か、意味が合ってのことだとは思うのですが、注文する際は気をつけていきましょう。

ウォールキャップやウォールキャップ穴ぶたも展開しています。

FPW-70を除いて、WC(ウォールキャップ)とUWC(薄型ウォールキャップ)を取り付けることができます。

上記の写真は、WC(ウォールキャップ)の写真です。

このまま、スリーブにスポッと入るような設計になっています。また、接合部やかん合部、貫通部などには必ずコーキング処理やパテ埋めをして、防水処理をするようにとのことでした。

WM(ウォールキャップ穴ぶた)も一緒に購入をすれば、穴を閉じることができます。

上記の写真は、WM(ウォールキャップ穴ぶた)の写真です。

WC(ウォールキャップ)と互換性があるので、セットで使用したらいかかでしょうか。

また、WMはサイズが、60、65、75と展開しています。65だけはアイボリーとホワイト展開で、60、75は、アイボリーのみになります。

UWC(薄型ウォールキャップ)もあるので、もっと薄いのを使用したいという方は、WCではなくて、UWCを使えばいいと思います。

UWCはサイズが、60、65で、色はアイボリー(シルキーホワイト系)です。

施工の穴サイズを考えることがめんどくさい方へ

上記の商品だと、サイズを確認したりしないといけなかったりで、手間になることもあります。

そんな方には、どのサイズでもいけちゃうホールキャップがあるので、紹介します。

AF(ホールキャップ)設備機械配管用貫通穴ふさぎです。

こちらの商品は、60から100穴まで対応しているので、便利だと思います。

色は、アイボリーとホワイトの2色展開です。壁厚は、50mm〜250mmになっています。

バンドを引くだけで、簡単に穴を塞ぐことができるので、是非使ったことにない方は使ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました