道路交通法規制改正でアルコール検知器が手に入らなくなる可能性大

アルコールチェッカー

悲惨な事故から学んだ、道路交通法改正

令和4年4月より改正道路交通法施工規制が、順次施工されていきます。

飲酒運転によって、たくさんの犠牲者が出てきています。被害者、加害者をゼロにするためにもとても有効な法改正ですね。

令和4年4月1日施工

運転前後の運転者に状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること。

酒気帯びの有無について記録して、記録を1年間保存すること。

令和4年10月1日施工

(重要)運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと。

(重要)アルコール検知器を常時有効に保持すること。

社用車を運転するときは、前日から意識をしっかりと持ち、運転をする日までしっかりと自己管理をしてくださいという内容と、匙加減ではなく、しっかりとした精密機械を用いて、記録として判断して下さいとのことです。

運転前と運転後の2度、アルコール検知器を用いて、記録を測定していく必要がある。

夜遅くに寝酒などをしてしまうと、出勤時のアルコール検査で引っかかってくる可能性も十分に出てくることが予測されます。

自動車を使用する事業所は、安全運転管理者の選任が必須になります。

大きく分けると3つの項目になります。

安全運転管理者の選任

一定台数以上の自動車の使用車は、自動車の使用の本拠(事業所単位)ごとに、自動車の安全な運転に、必要な業務を行うものとして、安全運転管理者の選任を行わなければならない。

※自動車の保有台数に応じて、副安全運転管理者の選任が必要になります。

※安全運転管理者・副安全運転管理者になるには、一定の要件があります。

下記の2パターンに該当した場合は、安全運転管理者を選任しなくてはいけません。

  • 乗車定員が11人以上の自動車1台以上の場合

自動車5台以上※自動2輪車(原動機付自転車を除く)は1台を0.5台としてカウントします。

安全運転管理者の業務

  • 安全運転管理者の業務
  • 交通安全教育
  • 運転者の適性などを把握
  • 運行計画の作成
  • 交代運転者の配置(負担を減らす目的)
  • 異常気象時の措置(大雪とか大雨などの災害に備える)
  • 点呼と日常点検
  • 運転日誌の帳簿付け
  • 安全運転指導

業務内容は多岐に渡ります。

安全運転管理者の届け出

安全運転管理者等を選任した場合は、その日から15日以内に事業所を管轄する警察署に、必要書類を提出しなければいけません。

安全運転管理者の制度に関するご不明点があった場合は、管轄する警察署へ問い合わせる。

必ずアルコール検知器の需要が高まってくる

アルコール検査をすることが必須になれば、施工内容に沿って、必ず必要になってくるものが出てくる。

アルコール検知器だが、会社でも準備する場合は、耐久性もあり、長期間使えるものでなければならない。すぐに壊れてしまう商品では、壊れた後の次の日に測定ができなくなるからだ。

また、酒気帯びの有無を確認して、その記録を1年間保存しなければいけないこと。1年間の膨大なデータを管理しないといけないことから、アルコールの有無の結果を計測した後に、紙媒体で結果を表示させるものは好ましくはない。

営業所の人数が多いと、記録も増えるため、紙媒体だと量も、確認するときにも不便なように思える。データ管理ができるソフトなどを利用することが、情報収集の観点からみても、効率がとてもいいように感じられる。

また、アルコール検知器を常時携帯して、検査を行うこととしているので、携帯用のアルコール検知器は、ハンディータイプのもの、あまり荷物としてかさばらないものの方が好ましい。欲を言えば、衝撃などに強いもの(耐久性)の方が、多くの人が、共有して利用する場合は便利である。

アルコール検知器不足にどう対処するのか

安全運転管理者を選任して、警察に届けている白ナンバー事業者は、全国に約35~40万件ある。業務の中で運転をしている方は、約800~1000万人程になる。どれだけの方が対象になってくるのかは大いに予想がつくので、駆け込み需要が大きくなると判断できる。できる限り、早急に事業所単位で準備をする必要が出てくる。また、現在所持している事業所も今後のために、買い込みをしてくる可能性が十分にあるので、事業所としては何としても1つはアルコール検知器を手に入れたいところだ。

在庫切れを起こす前に、早めにアルコール検知器を買おう!!

今回は、オススメのアルコール検知器を紹介します。

  • AC-015ST5(本体+IC免許証管理セット+専用プリンター)

単体使用はもちろんできて、スマートフォンと通知可能な遠隔地もOK(モバイル)

パソコン接続で設置型として、通信接続などに適した、多用途に対応した高性能モデルです。

センサータイプは電気化学式センサーで、単三電池2本で2000回の使用が可能です。使用回数も、メンテナンスまで15000回で、とても長期的にご利用頂けます。

  • AC-011ST-Ⅱ(専用管理ソフトセット)

ダブルセンサー搭載で、多人数を正確に、早く測定できます。アルコールチェッカーの中では、最高水準の測定精度を実現しています。

AC-011ST-Ⅱが一番有名であり、一番安定していて、人気があります。しっかりしたものを会社に置きたい場合は、こちらの商品を強くお勧めいたします。

  • AC-007ST(高性能設置型AC-007と検査データプリンターのセット)

デジタル表示とアナウンス機能がついています。とても操作が分かりやすいので、すぐに使用が可能になります。検査結果が、デジタル表示(視覚)とアナウンス機能(聴覚)で、どんな方が利用しても理解できるような使用になっています。規格も取得して、保証も1年間ついています。記録を瞬時にプリントアウトします。

  • ST-2000(業務用呼気アルコール検知器)

これはデザインがめちゃくちゃいいです。高精度で、日本製です。この機械は、企業向けに作られていますので、会社にどれを置こうか迷っている人はこの1台で大丈夫です。顔写真を自動で撮影してくれるので、本人確認も素早くできます。メンテナンスも、日本製であること、作りが非常にシンプルなので、すぐに対応できます。

  • この中の商品から選べば間違いないです。会社に必要なものは、いいものを設置しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました