【工事現場で必須】フルハーネスって結局はどれを選べばいいのか!フルハーネスを使う現場を教えます!!

フルハーネス
ぶーたろう
ぶーたろう

今日現場行ったら、フルハーネスつけてください!!って現場監督に言われちゃって、フルハーネスってなに?持ってないから、困っちゃったよー!!!

またじぃ
またじぃ

フルハーネスは高所から体が落ちた時に、衝撃を和らげてくれるとても大切な装備なんじゃぞ!!ぶーたろうも少しはハーネスのことを勉強するといいぞ!!

厚生労働省(墜落防止用器具の規格が2019年2月1日より適応されています。旧規格の安全帯は、メーカーからの販売は既に終了していると思われます。安全帯の規格適合だった安全帯は、2022年1月2日から使用禁止になっています。

規格改正の内容

  • 安全帯が墜落制止用器具に変更になりました。

フルハーネス、胴ベルト型が墜落制止用器具として認められています。

  • 墜落制止用器具は、原則フルハーネス型になりました。

フルハーネス型の着用者が、墜落時に地面に到着するおそれのある場合は、高さが6.75m以下の場合は、胴ベルト型を使用できます。

  • 安全衛生特別教育が必要になりました。

特別教育(学科4時間30分、実技1時間30分)を受ける必要がある業務があります。 高さが2m以上の箇所で、作業床を設けることが困難な場所において、墜落制止用器具のうち、フルハーネス型を用いて作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除きます。)

フルハーネスってなにを選べばいいの?

フルハーネス本体は、背中などの形状、作業ベルトの有無などで選択します。本体には、使用可能な重量(体重+装備の重さ)が表示されています。

今までは、ショックアブソーバの種別がありませんでした。しかし、現在はフックをかける位置が腰より高い場合は、第1種ショックアブソーバ。腰より低い場合は、第2種ショックアブソーバです。

フルハーネス型に用いるランヤードの種類が、タイプ1タイプ2があります。

タイプ1

ショックアブソーバの種類 第一種

フックの取り付け位置   腰より上の位置

自由落下距離       1.8m

衝撃荷重         4.0kN以下

ショックアブソーバ伸び 1.2m以下

タイプ2

ショックアブソーバの種類 第2種

フックの取り付け位置   腰より上の位置及び足元付近まで

自由落下距離       4.0m

衝撃荷重         6.9kN以下

ショックアブソーバ伸び  1.75m以下

ショックアブソーバに大体のことは記載してあるので、ご自身の使用されているショックアブソーバを確認してみてください。

ショックアブソーバの本体に記載されている中で、使用可能な質量が記載されている(上記の内容)で、体重が平均よりも多い場合は、しっかりと確認してください。

墜落制止用器具を使用しなくてはいけない作業

  • 食品加工用粉砕機または、食品加工用混合機の開口部からの転落の危険があり、蓋、囲い、柵等を設けることが困難な場合
  • 粉砕機または、混合機の開口部からの転落の危険があり、蓋、囲い、柵等を設けることが困難な場合
  • 林業架線作業
  • 高所作業車を用いた作業
  • 型枠支保工の組み立て等作業
  • 地山の掘削作業
  • 土止め支保工作業
  • ずい道等の堀削等作業
  • ずい道等の覆工作業
  • 採石のための堀削作業
  • 鉄骨の組み立て作業
  • 鋼橋架設等作業
  • 木造建築物の組立て等作業
  • コンクリート造の工作物の解体または破壊の作業
  • コンクリート橋架設等作業
  • 高所作業

などなど多岐にわたり、墜落制止用器具を使用するべき作業がたくさんあります。

全員がフルハーネス型を使用するべきという認識が生まれますが、高さが2m以上の箇所であって、作業床を設けることが困難なところにおいては、フルハーネス型を使用することが原則と説明しましたが、例外があります。作業する高さが、6.75m以下の場合は、胴ベルト型を使用することができます。(地面に衝突する恐れがある場合)

建築業の場合においては、5m以下は胴ベルト型の仕様が可能です。

ぶーたろう
ぶーたろう

なんとなくわかったぶひ!!ぶーたろうは、今150kgぐらい体重あるからショックアブソーバが使えないんだね!!わら

またじぃ
またじぃ

ぶーたろうは少しはダイエットして、かっこいいフルハーネスをつけて頑張るんじゃぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました